東南アジア寝てる犬コレクション -後編-

~前編からの続き~
・マレーシア
マレーシアの世界的に有名なビーチリゾート
ペナン島にやって来た
マレーシアの本島から出ているフェリーが発着する街
ジョージタウンだ
街中はオンシーズンに少し早かったのか閑散としている
そんな閑散としなた街中を歩いていたら
昔のイギリス統治時代を思わせる古い建物の軒下で
ミロの空き容器が転がっている寝てる犬に出会った
一杯飲んでゴロゴロとしているところだろうか
顔をこちらに向けてジッと見つめているが
下半身はかなりリラックスしている
P6226483_s.jpg
まるでカウチポテト族のようだ、週末のお父さんの様にも見える
お父さんに出会った後、マダムな寝てる犬にも出会った
身体は完全に地面に横たわりリラックスしているが
首だけ起こし前を見据えている
まるで籐の椅子に座っているエマニエル婦人ような振る舞い
シャバダバダ・シャバダバダ・・・
あのテーマソングがどこからともなく聞こえてくるようだ
P6246641_s.jpg
・ミャンマー
あまりポジティブなイメージの無い国・ミャンマーに入国した
最近、軍事政権も一応終わり着実に変わりつつある国でもある
しかし、まだ陸路からは入国が難しかったり
国民はドルを持つことを許されなかったりと
他の東南アジアとは違う雰囲気を、いまだに持っている
そんな違いは人間だけの話、犬には関係なく
みんな寝ている、犬に国境は無いようだ
有名な寺院・シュエダゴンパゴダ
観光地でもありミャンマー人の信仰の中心でもある
そこで足をのびのびと伸ばした寝てる犬
「一日疲れたー」と言っていそうだが、まだ昼の12時
単に疲れやすいだけかもしれない
P6308195_s.jpg
しかし、できれば歩道からちょっと脇の道で寝てくれると嬉しい
P6308198_s.jpg
その他、ミャンマーのいろいろな場所で犬たちは寝ている
P6308201_s.jpg P6308230_s.jpg P7048525_s.jpg
しかし、歩道の真ん中で寝ている犬が多い気がする
踏まれないのか心配だ
P7058570_s.jpg
・タイ
バックパッカーの聖地と言われるカオサン通りがある国・タイ
旅行者も多いが犬たちも多く、そして寝てる
バンコク周辺でも多くの寝てる犬に出会った
カオサン通りを埋め尽くすように立ち並ぶ屋台
その屋台と屋台の間で寝てる犬に出会った
P6145824_s.jpg
カオサン以外の屋台にも犬は寝ている
P5031035_s.jpg
寝てる犬に関しては屋台の店主も旅行者も
特に気にしない、それがここの作法なのだ
犬と人間のいい関係、それがここにある気がする
—– タイ・バンコク ナショナルスタジアム駅前
ここにいつも寝てる犬がいる
いつ行っても寝ている、もうランドマーク的な寝てる犬だ
P4210391_s.jpg
駅入り口のエントランスに寝てる犬、上の写真は2011/04/21に撮った写真だ
それから約2ヶ月後の2011/06/16
やはり彼はそこにいて寝ていた
P6165870_s.jpg
ここの居心地があまりにも良いのだろうか
いつもここにいるようだ
何人かの旅行者は写真を撮っていたが
だいたい皆、素通りで過ぎ去っていく
その寝てる犬にはサングラスがかけられている
きっと誰かがかけているのだろう、4月の時と6月の時で
サングラスが変わっていた、結構なオシャレさんだ
grass_4_s.jpg grass_6_s.jpg
左が4月、右が6月、ちょっと似合う気もする



暑い暑い東南アジアの寝てる犬を紹介した
この写真を集めただけでも東南アジアを1周した甲斐があった
これから真夏に向かっていくが寝てる犬たちが
体調などこわなないで欲しい、夏バテなどしませんように
P5243180_s.jpg
涼しい高地の街、ベトナム・サパでは寝てる犬はあんまりいない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です