カテゴリー
中東あたり放浪の旅

エジプト観光・アスワンとアブシンベル

ルクソールからアスワンまで列車で約3時間
指定席の2等車だ
アスワンに入ってきた列車に乗り込み指定された席へ
その席には他の人が座っていた
話しかけて見るとにこやかに立ち去っていった
席は窓際、でももう日が暮れてしまったので
景色が見えなくてちょっと残念だった
隣はメガネをかけた若者で
最初は何も話さなかったのだが
「日本人?」と聞かれ話が盛り上がった
彼は会計の仕事と観光ガイドをやっている23歳
ルクソールを観光して事を伝えると
「ルクソールはどんな印象?」との質問
「神殿とか良い街だけど、市場の客引きが強引だね」と話すと
ガイドをしていて怒る観光客も居るらしい
彼らも仕事なんだからそれはわかってると言うと
にこやかに微笑んでいた
その後、彼は日本語のガイドブックに興味を示し
一生懸命読んでいたが
右から左に横書きするアラビア語なので
ガイドブックも最終ページから
最初のページに向かって読んでいた
「日本語読めるの?」と聞くと「読めないけど写真はわかる」
アブシンベル神殿のページで
「ここに行くのが楽しみだ」と伝えると
彼がアブシンベル神殿に行ったときの写真を見せてくれた
「ここは凄いよ、是非見てきてね」
彼と別れアスワン駅に到着すると
すでにホテルのスタッフが迎えに来てくれていた
インターネットは無いがエアコン付きのホテル
しかし、温度調整が壊れているのでONかOFFかのみ
付けると寒くなるし消すと寒い部屋だったが
綺麗な部屋でその日はゆっくり眠ることができた
P9155348s.jpg
翌日アスワン観光、フィラエ島や切りかけのオベリスク
そして、小学生の頃に社会科で習ったアスワンハイダムを観光した
P9145009s.jpg
アスワンハイダム、なんとなく語呂が良く未だに覚えているが
実際にやってくると感動もひとしおだ
P9145004s.jpg
エジプトで使用している電力の20%を賄っている
アスワンハイダムの水力発電
観光地でもあるが生活インフラでも重要施設だ
絶景ポイントには観光客も多いが軍人さんも多い
道路には戦車も構えている
島国で比較的平和な日本に住んでいるとわからない
国境があり周辺国の情勢も不安定な国の国防に
驚き、また自分の国の国防について考えさせられる
P9145057s.jpg
翌日の朝になり3:30にアブシンベル神殿へに向かう
ツアーバスが出発した
国境にも近いためか何台ものツアーバスを1箇所に集め
軍の護衛車に先導される形で
皆連なって約4時間かけてアブシンベルに向かう
P9155362s.jpg
砂漠の中を走るバスから風景を見ていると
所々に破裂したタイヤの破片が道路に落ちていた
多分、暑さなどで走っている途中に破裂したのではないか
速度は100km/hくらい出ているのちょっと怖い
P9155383s.jpg
しかし、何事もなくアブシンベルに到着した
大神殿と小神殿からなるアブシンベル神殿
P9155450s.jpg
とにかく圧倒される、そしてデザインも美しい
また中にも入るとなんとも神秘的で
不思議で謎なオーラに包まれるようだ
P9155446s.jpg
しかも、2/22と12/22の年に2回
神殿の一番奥にある至聖所に安置されている神の像に
朝日が一直線に当たるそうだ
なんとも精密に計算された建造物で
当時の技術力の高さに驚く
再度4時間の道のりでホテルに戻ってきた
13時少し過ぎ、その日にカイロまで寝台列車で戻るが
2時間ほど時間があったので
近くのネットカフェでインターネットに接続する
爪の折れたLANケーブルを接続してメールの確認などをする
隣の席は乾燥させるためパンが並べられていた
P9155462s.jpg
時間が迫ってきたのでアスワン駅に移動
妻に葉書を出すため郵便局に行くが
14時で終了らしい、購入できなかった
仕方がないので市場を歩いて切手を探す
お土産屋などを回ったが無く、聞いて回ったところ
本屋に売っているらしい
日本まで出したいけどいくらと聞くと
3エジプトポンドとのこと
アブシンベルの土産物屋では
18エジプトポンドと言われたので
相当アブシンベルでは盛られていたんだなと感心する
でも、6倍はちょっと盛りすぎ