カテゴリー
中東あたり放浪の旅

トルコでビールを

トルコのイスタンブールを旅して
ケバブなどいろいろな料理を堪能した
そして、楽しみなのがビールだ
イスラム教の人口が多い国なので
どこでもビールなどアルコールを出している訳ではないが
パブなどでは皆が集まりビールなどアルコールを楽しんでいる
・エフェスビール:アルコール度数5%
トルコのビールで一番はエフェスビールだ
P8159763l.jpg
青いラベルの看板を街の商店やパブなど
彼方此方で見ることが出来る
P8242216l.jpg
もちろん「エフェス」の名前は
トルコにある古代都市エフェスから付けられている
エフェスビールがトルコの国民的ビールだ
琥珀色の見た目軽そうなビール
飲み口は軽く感じるが
軽い苦味が後味として口に残る
しかし、嫌な感じで残るわけではなくスーっと抜ける苦味だ
トルコの塩味の濃い料理に合うビールの個性を感じさせる
チャナッカレという都市のパブでエフェスビールを飲んでいたら
隣のおじさんがピーナッツをくれた
P8159767l.jpg
自分はトルコ語が出来ないため、会話はうまくできなかったが
感謝の気持ちは伝えることが出来た
言葉は通じないがビールという飲み物で交流することができ
何とも嬉しかった
いただいたピーナッツもとても塩味が濃く美味しい
ビールのおつまみには最適だ
ごちそうさまでした
・エフェスダークビール:アルコール度数6.1%
P8160100l.jpg
エフェスの黒ビールで口にいれてすぐに苦味を感じる
しかしビールの漆黒のような黒さとは裏腹に
苦味は不思議なほど残らない
黒ビールの苦味が苦手な人でも美味しいと言ってもらえそうなビールだ
ラベルのデザインも良い
黒と赤 そして黒豹がこちらに向かって歩いてくる大人が嗜む飲み物
それがラベルデザインでも伝わって来てカッコイイ
エフェスビールが500mlで5トルコリラなのに対し
ダークは330mlで8トルコリラだった
値段も大人な感じだ
・ツボルクスペシャル:アルコール度数7.5%
デンマーク・コペンハーゲンのビールだ
P8180288l.jpg
しかし、ここトルコでもよく飲まれている
デンマークのビールというとカールスバーグの方が
日本では有名だがトルコではツボルクだ
調べると1970年にツボルクはカールスバーグの子会社になっているとのこと
とにかく強いビール
ビールの苦味と甘みが口の中に広がるチーズをツマミにすると合うビールだ
ただ味が濃く強いので好き嫌いが分かれる、アルコールも7.5%と高い
イスタンブールで泊まったドミトリーのバーで
「Beer Pong」というゲームに参加した
向かい合ったテーブルの両端にに6個のコップを三角に配置する
そこにツボルクスペシャルを注ぐ
P8139440l.jpg
2人1組となって相手端のコップをめがけてピンポン球を投げ入れる
P8139441l.jpg
ビールの入ったコップにピンポン球が入ったら
入れられたチームはそのビールを飲まなくてはならない
交互に投げ合い全部のビールを飲ませた方が勝ちというゲームだ
負けたら全部飲むが勝っても勝利の祝いで全部飲む
結局全部飲む事になるが、そんなことはどうでも良い
とにかく楽しいのだ
中国系の方とチームを組んだ
チーム名は「アジアン・センセーショナル」
4回戦ほどして全て勝利、みごと優勝することができた
しかし、次の日は二日酔いで
バス移動を予定していたが一日延期した
体調が復活したのはその日の夕方だった



どこの国に行ってもその国を代表するビールがあることが多い
もちろんトルコではエフェスだ
今回訪れた都市のイスタンブール、パムッカレ、カッパドキア
チャナッカレどの都市でもエフェスの青い看板があり
エフェスビールを飲むことができた
日本に比べるとパブで飲んでも結構安い
エフェスビールで4トルコリラ、だいたい200円で一杯飲める
だからといって二日酔いになるほど飲んではいけない
それは万国共通のお約束だ
P8139554l.jpg P8159764l.jpg P8180294l.jpg

カテゴリー
中東あたり放浪の旅

トルコのガチャガチャ

ガチャガチャが子供の頃から大好きだ
子供の頃からガチャガチャと呼んでいるが「カプセルトイ」というらしい
小型のおもちゃ自動販売機で硬貨を入れレバーを回すと
カプセル入りの玩具が出てくる
自販機の表面に書いてあるのはトランシーバや電子ゲームだが
それはあくまで大当たりの景品で多くはなんだかわからないおもちゃが
出てきて、次こそはと射幸心をあおられた
小学生の頃は小遣いを全部つぎ込んでガチャガチャをした思い出がある
そのときのまま大人になっていたら
今頃相場などに手を出して素寒貧な生活をしていたかもしれないが
そうなっていないのでガチャガチャで
いろいろ人生を学んだのかもしれない
その頃の戦利品と言えば、カップ麺の形の消しゴムや
バネで飛ぶロケットのおもちゃ、望遠鏡、潜望鏡
訳のわからないキーホルダーなど
役には立たないものばかりだったが宝物だった
そんなことも忘れかけていたが
トルコ・イスタンブール郊外の地下鉄オトガル駅で
そのガチャガチャを見つけてしまった
オトガルとはトルコ語でバスターミナルを意味し
この地下鉄オトガル駅の周りには100以上ものバス会社窓口がある
P8129416_s.jpg
その窓口の前にガチャガチャマシンがあった
P8129418_s.jpg
多分、これから長時間バスに乗る子供のためのガチャガチャだ
マシンの作りは日本のものより大きく中に入っている
カプセルも大きい
しかし、コインを入れて、その下のレバーを回すという操作方法は
まったく日本のそれと変わらない
P8129419_s.jpg
「ガチャガチャ」という音とともに下からカプセルが出てくる
1回1トルコリラ、だいたい50円ほどだ
別の日にアタテュルク空港からタクシーで20分程離れた
大きなショッピングモールでもガチャガチャマシーンを見つけた
同じように1トルコリラだ
そのときは日本からやって来た妻と合流していたので
記念写真を撮ってもらう
P8170237_s.jpg
呆れる妻を横目にコインを入れガチャガチャと音を立て
カプセルを受け取る
この瞬間がガチャガチャの醍醐味だ
ホテルに帰ってオトガルとショッピングモールで出した
カプセルを開けることにした
まずはカプセルを観察する
P8252224_s.jpg
5cm位のカプセルにビニールで巻いてある
そのビニールに書いてある血走った目のスマイルみたいな
キャラクターが描かれている
なんとなく怖い感じのキャラクターだ
P8252225_s.jpg
トルコの子供はこういうキャラクターが好きなのだろうか
説明書きを見ると「3 Yas ve Uzeri icin」
どうやら「対象年齢3歳以上」のことらしい
今35歳、3歳より上なので問題はない
3year_u_s.jpg
開けて中のおもちゃを見てみる
花のキーホルダーと足のおもちゃ
P8252227_s.jpg
訳のわからないおもちゃが出てくるところも
日本と変わらない
足のおもちゃは足の裏を押すと
LEDが指先で光る
P8252230_s.jpg
ただ、バリだらけ・プラスチックが薄い所など
ものすごく雑な作り
それもまたガチャガチャおもちゃの良いところだ
しかも光る、子供と自分の心をガッチリと掴んだ
花のキーホルダーは
シリコンゴムのようなもので出来た花が付いている
P8252232_s.jpg
ただそれだけのおもちゃ
女の子向けな様で自分にはピンとこない
あのコインを入れたときのドキドキ
ガチャガチャという感触
出てくるカプセルのワクワク
やっぱり、トルコのガチャガチャも同じ感じだ
そして、いくつになってもガチャガチャは楽しい
P8170242_s.jpg

カテゴリー
中東あたり放浪の旅

イスタンブールの交通料金

イスタンブールのアタトゥルク空港に着いてから
どこに行くにも地下鉄と市電を使う事が多い
P8170215_s.jpg
空港から地下鉄に乗り、市電に乗り換えて
ブルーモスクやアヤソフィア、トプカプ宮殿など
多くの観光地を回ることができる
他の街にバスで移動するにもバスターミナルまでは
地下鉄の移動が早くて安くて便利だ
とかく鉄路の交通機関にお世話になる
同じように鉄路交通の発達した日本にある
SuicaやPASMOなどの様にチャージ式のキップが
ここトルコ・イスタンブールにもある「アクビル(Akbil)」だ
P8180269_s.jpg
日本のようにカード式になっておらず
プラスチックの取っ手に金属のボタンのようなものが付いている
イスタンブールの人はキーホルダーの様にして
持ち歩いているらしい
なお、アクビルでは鉄路交通以外のフェリー乗車などでも使えるとのこと
購入は地下鉄などの駅前にあるキオスクで
「アクビルちょうだい」というと
「いくらチャージする?」と聞かれて
チャージ分の金額とデポジット6トルコリラを支払えば
もらうことができる
もちろんデポジット分は返却時に戻ってくる
その後のチャージは駅構内にあるチャージ機で追加が可能だ
P8170205_s.jpg
駅構内のアクビルチャージ機、残高も確認できる
使い方は改札にある「アクビルを当てるところ」に
金属部分を当てるとピーポーと電子音がし
改札が解放されるので押して中に入場する
P8170209_s.jpg
P8170211_s.jpg
駅から出るときには何もする必要はなく
そのまま、改札から出ることができる
あまり交通機関を使わない場合は
ジェトンと呼ばれるコイン型の1回券を購入し
改札のコイン投入口に挿入すれば
同じように改札が解放される
P8180278_s.jpg
なお、ジェトンは改札近くに販売機がある
P8170222_s.jpg
ただ、アクビルを使うと運賃がお得になるのだ
自分が到着した2011/08/10時点では
ジェトンでの乗車1回1.75トルコリラ
アクビルを使った場合1.65トルコリラになる
一回につき0.1トルコリラ=5円ほど安くなった
しかし、ある日気がついたら、こんな張り紙がしてあった
P8170220_s.jpg



発表
親愛なるお客様へ
イスタンブル広域市交通コーディネートセンター(UKOME)より
2011年8月15日の日付から下記の料金になることを公布します
———————1回乗車——乗り換え乗車
ジェトン—————2.00TL
アクビル————–1.75TL———-1.00TL
学生アクビル———-1.00TL———-0.40TL
割引アクビル———-1.20TL———-0.60TL


なんと自分がイスタンブールにいる間に料金が上がったらしい
バックパックの旅行者には結構痛手の料金値上げだ
ジェトンとアクビルでは0,25トルコリラ=13円も料金が違う
長期間イスタンブールに滞在する場合は
是非ともアクビルを持った方がいい
なんせ8回乗ると2トルコリラ、安いお店のチキンケバブが1つ買える
あと、アクビルを持っていると
何となくイスタンブール市民になった感じで嬉しくなる
改札なんてみんな急いで通るので見てはいないが気持ちの問題だ

カテゴリー
中東あたり放浪の旅

トロイの木馬をコンピュータに入れる

コンピュータウィルスによる被害という
自分が子供の20~30年前には、まったく予想し得なかった
新しい犯罪が生まれた
近年、インターネットの発達により生活が便利になっている
世界中の何処にいてもいろいろな情報が手に入り
銀行の振り込みや航空券の予約など手軽にできるようになった
自分も1回も行ったことの無いような街のホテルや
深夜バスの予約など簡単にでき、インターネットによる
利便性を享受している
しかし、それだけ便利になり人々の生活のあらゆるところで
インターネットが使われるようになったため
コンピュータウィルスの被害というものは
甚大なものになっている
情報だけでなくクレジットカードやネットバンキングなどによる
実際の財産も被害を受けることも少なくない
自分もシステム管理者だった頃、ウイルスが発生すると
対応で家に帰れなくなってしまう事を思い出した
コンピュータウィルスのように脅威を与えるプログラムに
「トロイの木馬」と呼ばれるものがある
コンピューターに入り込んで裏口を開けて悪者を引き入れる
そういう悪意のあるプログラムだ
問題のないプログラムのように見せかけてコンピュータに
入れるとネット経由でパスワードなどを持っててしまう
よく江戸時代に小間物問屋の女中が実は悪者とつながってて
表の閂を開けて強盗を引き入れて主人が袈裟掛けに
切られる事があるが、その女中が「トロイの木馬」だ
今回はその「トロイの木馬」を自分のコンピュータに
入れてみようと思う
toroia_s.jpg
トルコの都市チャナッカレから30Km程離れたところに向かう
P8150046_s.jpg
自慢のノートコンピュータ:レッツノート(7年くらい型落ち)
P8150049_s.jpg
壁紙設定中
P8150052_s.jpg
ついに「トロイの木馬」が自分のノートコンピュータに!!!
これで自分のコンピュータに「トロイの木馬」が入ってしまった
しかし、ウイルスチェックをしても何も引っかからない
このトロイの木馬は悪さをしないようだ
・・・今、トルコのトロイ遺跡に来ている
シュリーマンが私財を投げ打って発掘した有名な遺跡、世界遺産だ
その入り口近く、観光客に人気を集めている「トロイの木馬」
P8159806_s.jpg
トロイとギリシャの戦争でギリシャから負けましたーと
神様への捧げものとして大きな木馬をトロイに差し出した
トロイ側が戦勝モードで飲めや唄えやしていた浮かれるトロイ兵
しかし、その木馬の中にギリシャの兵士が潜んでいて
頃合いを計って飛び出すギリシャ兵
結局、トロイは陥落したという8世紀頃のお話
コンピュータに場所を変えて1200年以上も
前の戦法が使われているとは、
トロイ兵もギリシャ兵もビックリだろう
現在の木馬は当時のものではないが
1200年前と同じように中に入れ観光客に
人気の記念撮影場所だ
mokuba _s.jpg
もちろん記念撮影した
トロイ遺跡は一番近い都市チャナッカレから
ミニバスで30分ほどかかり5トルコリラ
朝9時頃から1時間毎に1本出発している
入場料は15トルコリラ
中の売店は飲み物などものすごく高いため
水などは持っていくことをオススメする
P8159803_s.jpg
チャナッカレの3倍以上のお値段

カテゴリー
中東あたり放浪の旅

チャナッカレへバス移動

イスタンブールからチャナッカレという街に
移動することにした
P8149680_s.jpg
目的はトロイ遺跡の見物、木馬をどうしても見たいからだ
イスタンブールの街中で日本に留学していたという
日本語が堪能なトルコの青年に、その話をすると
「え?トロイ遺跡?何もないよ、時間がもったいない」と言われる
「有名なトロイの木馬があるじゃない」と返すと
「それしか無い」とのこと
他のバックパッカーに聞いてもトロイに行く人はいなかった
これではシュリーマンがかわいそうな気がしてきて
とりあえず、トロイ遺跡の近くの街、チャナッカレに向かう
トラムと地下鉄を乗り継ぎ
イスタンブールの遠距離バスターミナル(オトガル)へ
このオトガルは非常に大きく地下鉄の駅の周りに
100以上のバス会社窓口があり
皆それぞれのバスに乗り出発する
P8149578_s.jpg
何処にしようか迷っていたら、見知らぬおじさんに声をかけられる
「カッパドキア?」「違う!チャナッカレ」「オーケー任せな」
とにかく着いてこいとのこと
まず1件目のバス会社でおじさんとスーツの職員が話をする
・・・どうも交渉決裂らしい
「大丈夫!大丈夫!」とまた違う方に歩いていく
バックパックを背負ったまま、早歩きのおじさんに懸命についていく
バス会社の窓口で「チャナッカレ!」とおじさんが告げる
結局35トルコリラで昼の12時出発、6時間後には着くそうだ
バス会社の職員も英語はできるので独りでも問題なく
バスのチケット取れそうだったが
「ありがとう」と1トルコリラをおじさんに渡す
はははーと笑いながら肩をたたいて駅の方に向かって行った
何者なのかわからないおじさんだったがお世話になりました
バスの出発まで45分ほどある
蝶ネクタイの人にチャナッカレ行きのバスについて聞くと
まだ来ていないから、ここで待っててと言われる
売店などを冷やかし、タバコをふかし、時間をつぶし
出発の20分前にバスがやって来た
ベンツの大きなバスだ、バックパックを預け、乗り込む
P8149594_s.jpg
左右2席ずつのゆったりしたシート
各シートの前にはテレビまで付いている
P8149597_s.jpg
今まで乗ったバスの中で一番良いバスのような気がする
あまりに豪華すぎて、ちょっと怖くなる
定時にバスが出発し、高速道路に乗り100Km/h以上のスピードで
トルコを駆け抜けている
P8149640_s.jpg
だんだん、郊外になり
大きな工場らしい建物やひまわり畑
ガスタンクが見えてきた
日本で言うと千葉と茨城辺りを思いださせる
そんな、風景を楽しんでいると
バス会社の職員さんがドリンクとお菓子のサービスをしてくれる
乗っているバスもよくてドリンクやお菓子まで・・・
いたせり尽くせりなバスで戸惑いを覚える
コーラとクラッカーをもらい食べていたら
となりの乗客のおじさんが自分のクラッカーをくれた
ニコニコしながらこっちを見ている
笑顔で「ありがとう!」というと、大きくうなずいた
多分、子供だと思われている感じだ
騙したみたいで申し訳ない、すみません35歳です
その後、ドライブインらしきところで休憩
バスはこの間に給油と洗車をする
P8149646_s.jpg
まだ、3時間以上も走らなくてはいけないのに
洗車をするなんてトルコ人はきれい好きなんだと思う
バスから降りて、身体を伸ばしながら散歩する
目の前の道があまりに真っ直ぐ延びていて恐怖を覚える
この道を歩いて帰ることになったら・・・
P8149653_s.jpg
置いて行かれないうちにバスに戻る
バスは再度動きだし、チャナッカレへ向かう
途中、バス職員が化粧水のようなものを
乗客の手にかけるサービスを始めた
ものは試し、自分もお願いする
メントール系で冷たく、気持ちいい
香りも柑橘系、グレープフルーツの良い香りがひろがる
長時間のバス移動の疲れが少し癒される
スーッとした気分になり、良い陽気と
寒くも暑くもないちょうど良い空調で
眠くなり貴重品の入っている鞄を抱いたまま眠る
目が覚めたら、バスがフェリーに乗り込むところだった
どうやら、フェリーで渡った海の向こうがチャナッカレらしい
P8149742_s.jpg
ちょうど、イスタンブールを出てから6時間で到着
これから、まったく土地勘がない異国の街で宿探し
足場がない、この時は不安になる

カテゴリー
中東あたり放浪の旅

イスタンブールを食べ歩き

トルコに着いて5日間
イスタンブールの中心地に宿を取って滞在している
有名なブルーモスクとアヤソフィアに
歩いて5分とかからない場所だ
宿はドミトリーなので世界中のバックパッカーに出会える
拙い英語で話をするとみんな20代くらいらしい、若い
そして、自分は35歳だと言うと
こっちが驚くほどのリアクションで「見えない」と言われる
日本人はやはり幼く見えるらしい
やっぱり、髭を生やしておくべきだった
そうすれば、少しは大人の仲間入りができたはずだ
ブルーモスクに行くといつでもバスが停まっていて
観光客であふれている
そして、ケバブなどの屋台が出ている
P8139453_s.jpg
オススメはトウモロコシだ
焼きトウモロコシと茹でトウモロコシが選べる
注文すると紙に挟んで、たっぷりの塩をかけてくれる
1.5トルコリラ=75円くらい
ベンチに座ってブルーモスクを見ながら食べる
縁日の焼きトウモロコシのようにタレはかかっていないが
たっぷりかけてくれる塩で単純に美味しい
テレビで見たあのブルーモスクの前で焼きトウモロコシ
何ともおかしな状況のように感じるが、それが楽しい
P8139462_s.jpg
トウモロコシだけではお腹が満たされないので
チキンケバブを売店で買う
2.5トルコリラ=125円くらい
バケットにケバブとピクルス、トマトにスライスしたタマネギ
そして、たっぷりの塩をかけてできあがり
売店横のベンチに座って食べていたら
ケバブを作ってくれたおじさんが、こっちを見てる
親指を立てて答えたら、納得したように何度もうなずいた
おじさん!うまいよケバブ
P8139470_s.jpg
しばらく歩いてのどが渇いたので広場に立っている
水売りのおじさんに声をかける
「いくら?」「1トルコリラ」
・・・地下鉄の駅の自販機で買った時0.5トルコリラだったので
「じゃあいいや」と告げ立ち去ろうとしたら
「待って待って0.5トルコリラだよ」と言う
50クルシュ(100クルシュで1トルコリラ)のコインを渡して
ペットボトルの水をもらう
とりあえず高い価格を言って買ってくれたら
儲けものと思っているらしい
観光地らしい商売の仕方だ、ふふふ騙されないよ
イスタンブールの街は石畳で坂が多い
それがとても良い雰囲気の街並みを作っているが
女性はヒールのある靴で訪れると歩くだけで大変だろう
自分はスニーカーでも1日2回はつまずく
ヒールのある靴じゃなくてよかった
歩きにくそうにしている自分だが
猫は颯爽と歩いていく、何とも悔しい

カテゴリー
中東あたり放浪の旅

飛んでイスタンブール

P8109243_s.jpgトルコのイスタンブールに
出かけることにした
イスタンブールと言えば
「飛んでイスタンブール」であろう
今回はエディハド航空の飛行機で
飛んでイスタンブールに行くことにした
もちろん、恨まないのがルールだ



まずは成田空港に向かう
開通して間もない成田スカイアクセスを利用する
P8099100_s.jpg
8/9の火曜日、平日なので空いている
日暮里駅から京成高砂で乗り換え
1時間程で成田空港に着いた
成田からまずはアブダビに向かい乗り換えて
イスタンブールへ向かう
アブダビ行きは20:50発の予定だったが
成田で50分遅れて21:40発に変更になったことを知らされる
P8099119_s.jpg
まあ、急ぐ旅でもないので影響は無い
出発ゲートでボーッと出発の時を待つ
P8099136_s.jpg
イスラム圏に向かう飛行機なので
日本ではあまり見ないチャードルをしている女性もいる
気分はもうイスタンブールだ
出発1時間前にクルーが飛行機に乗り込み
21:40にまずはアブダビに向け出発した
機内に乗り込み離陸
P8099179_s.jpg
その後、お楽しみの機内食、ドリンクはビールだ
機内食をつまみにビールを飲むのが楽しい
クラッカーにクリームチーズと
つまみにはもってこいのメニューだった
P8099182_s.jpg
ビールも堪能し九州の上空辺りで眠くなり
ブランケットにくるまって眠ることにした
P8109189_s.jpg
・・・
朝食の機内食で起こされる
さすがに朝からビールというのも気が引けるので
オレンジジュースをもらう
どうやら、いつの間にかインドを超えていたらしい
P8109211_s.jpg
朝食で満腹になったのでまた眠りにつく
・・・
次に目が覚めたのはアブダビ空港に着陸する所だった
無事に着陸しタラップでアブダビの地に降りる
P8109216_s.jpg
機外に出たとたん、湿気を帯びた熱気にカメラもメガネも曇る
寝ぼけたまま、バスに乗りアブダビ空港で
乗り継ぎのイスタンブール行きの飛行機を待つ
P8109220_s.jpg
飛行機を待ちながら5時間ほど経った
アブダビ空港では「飲茶」というレストランで
寿司を食べる事ができる
P8109221_s.jpg
日本人としては何となく違和感を感じるが
中東からしたらアジア方面の食べ物なのだろうな
なるほど、感覚はわからなくない
時が来てイスタンブール行きの飛行機に乗り込む
やはり楽しみは機内食
P8109285_s.jpg P8109291_s.jpg
6Pチーズとクラッカーをつまみにビールをもらい
その後就寝、起きるとトルコ上空にいた
P8109297_s.jpg
数十分後イスタンブールに着陸
空港はトルコ航空の飛行機であふれている
飛んでイスタンブールに到着したのだ
P8109303_s.jpg


終始、快適な旅で恨まないルールだったが
恨み言を言うような場面には遭遇しなかった
あと、ジタンの空箱も捻る捨てる事もなかったし
洒落たグラスも滑ってこなかったが
もちろん、好きよイスタンブールである
P8119345_s.jpg
ブルーモスクの前で記念撮影