タラップに憧れて

タラップ、搭乗口の高い飛行機に乗るための階段
大きな飛行場ではターミナルから
直接、通路が伸び登場できるようになり
タラップを使わない事が多い
しかし、ローコストキャリアや
乗り入れ本数の少ない航空会社の飛行機に搭乗する際は
ターミナルから離れた飛行機にバスで移動し
そこでタラップを使って登場することもある
P8180330_s.jpg
自分がタラップを初めて知ったのは
小学生の頃だったと思う
日曜日の夜に放送されていた「アップダウンクイズ」で見たのが
タラップとの出会いだった
もう25年ほど前のテレビ番組で
一般人が回答席であるゴンドラに乗ってクイズに答える
正解するとゴンドラが上にアップし
不正解の場合は下にダウンする
正解を重ねて10段階ゴンドラが上がると優勝
ハワイ旅行が獲得でき上に上がっているゴンドラに
タラップが接続され
レイをかけられ誇らしい顔で優勝者が
タラップを降りてくる
その時に親からタラップという物を教わった
その他にも当時人気にあったテレビ番組
「アメリカ横断ウルトラクイズ」で
東京-グアムの飛行機機内で数百問の筆記試験が実施され
その試験の合格点以下の不合格者は
到着したグアム空港のタラップを降りた時点で
ブザーが鳴りグアムの地を踏むことなく
飛行機に逆戻り、そのまま日本に返される
というルールがあった
この番組でも「タラップ」という物を強く意識した
まだまだ海外旅行が珍しく高価で
庶民には高嶺の花の時代
子供心に自分には関係ないやと言う気持ちと
階段が動くという機能美的な魅力をタラップに感じていた
もう、タラップという物に憧れていたのだと思う
P9083943_s.jpg
時は過ぎ自分も22歳になった
就職して初めて入った会社の社員旅行がハワイだった
子供の頃からそれまですっかり忘れていた
タラップへの憧れが蘇ってきた
ついに初タラップ!と心躍らせたが
残念ながらターミナルから直接の登場で
タラップに出会うことはなかった
その数年後、結婚し夫婦でロシア旅行をした際に
成田発のアエロフロート機が
タラップを使用しての搭乗だった
あのタラップを昇れる!
一挙に何年も前のタラップ憧れの気持ちが戻ってきた
嬉しくて嬉しくて一歩一歩噛みしめ踏みしめ
タラップを昇った
その後、バックパッカーになり
各国の小さな空港や国内線など
タラップでの搭乗を何度も経験するようになったが
いまだにタラップは嬉しい
P9083942_s.jpg
子供時代の海外旅行・飛行機への憧れや夢を
今、実現しているんだと嬉しく誇らしくもある
しかし、タラップで飛行機を降りるときは
最後の一歩で不合格のブザーが鳴りそうで緊張する
P9083938_s.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です